PR
NFRM実証実験の携帯電話用iアプリ画面
NFRM実証実験の携帯電話用iアプリ画面
[画像のクリックで拡大表示]
携帯電話で入手したコンテンツをFeliCaポート搭載パソコンで再生
携帯電話で入手したコンテンツをFeliCaポート搭載パソコンで再生
[画像のクリックで拡大表示]
インテルなど3社に加え、各コンテンツ提供事業者が登壇
インテルなど3社に加え、各コンテンツ提供事業者が登壇
[画像のクリックで拡大表示]

 インテル、フェイス、吉本興業の3社は2007年3月5日、携帯電話で購入した動画などのコンテンツをパソコンで再生できる新プラットフォームの実証実験を開始することを発表した。実施期間は2007年3月6日から2007年6月末までの約4カ月間。実証実験の結果を基に、2007年中に有料コンテンツ配信サービスの本格展開を目指す。

 新プラットフォームの名称は「NFRMサービス(仮称)」。携帯電話の着メロなどの統一ルールを策定したフェイスが開発した権利認証技術「NFRM(Near Field Right Management)」を利用し、FeliCaチップを搭載した携帯電話で購入したコンテンツを、権利情報を保護したままパソコンで再生できるようにする。

 操作手順は、まず専用サイトからパソコン用の専用アプリケーションと、携帯電話用の専用アプリケーション(iアプリ)をダウンロードする。ユーザー登録や専用アプリケーションのインストール終了後は、コンテンツを入手した携帯電話をFeliCaポート搭載パソコンにかざすだけで、コンテンツが再生可能となる。

 3社の役割は、インテルが同社のデジタルホーム向けブランド「Viivテクノロジー」に代表するパソコンプラットフォームの提供や、FeliCaの導入推進など。フェイスがNFRM技術の開発・提供と、携帯電話業界への普及促進など。吉本興業が実証実験用ポータルサイトの構築や運営のほか、コンテンツの企画などを担う。フェイスの代表取締役社長である平澤創氏は「これまで携帯電話だけで楽しむコンテンツはあったが、NFRMによって好きな時にいつでもコンテンツの検索や入手ができ、それをパソコンの大きな画面で再生できるのは革新的だ」と述べた。

 実証実験への参加は人数無制限で、実験用のコンテンツを無料で視聴できる。実証実験段階では約20社が各2本程度のコンテンツを提供する。具体的なコンテンツの中身の一例を挙げると、朝日放送がニュース、ウォルト・ディズニー・テレビジョン・インタナショナル ジャパン がアニメーションや映画、エクシングがカラオケ映像、オン・デマンド・ティービーが映像配信サービスを提供する。