PR
写真1 ウェブインパクトが開設したセカンドライフ内情報提供サイト「SLguide.jp」
写真1 ウェブインパクトが開設したセカンドライフ内情報提供サイト「SLguide.jp」
[画像のクリックで拡大表示]

 ウェブインパクトは3月5日,米リンデン・リサーチが運営する3Dのバーチャル・コミュニケーション・スペース「セカンドライフ」の情報を日本語で提供する「SLguide.jp」のベータ版を開設した(写真1)。セカンドライフを利用しているユーザーが掲載された情報をクリックすると,セカンドライフ内のスポットに直接移動できるのが特徴。

 SLguide.jpでは,セカンドライフ内の情報をユーザーによる投稿で集める。同社内の審査を通った投稿に関しては,セカンドライフ内に設置した同社の賞金受取所にて20リンデン・ドルが支払われる。リンデン・ドルはセカンドライフ内の通貨のこと。

 投稿された情報は「ショップ」「コミュニティ」「アトラクション」など13のカテゴリーに分けて掲載。簡単な要約に加えて,緯度や経度,高さといった位置情報も掲載する。ユーザーがセカンドライフのアプリケーションを起動した状態でSLguide.jpに掲載されたリンクをクリックすると,セカンドライフ内のスポットにそのまま移動できる。

 SLguide.jpは現在はベータ版だが,今後,ディレクトリ型から検索型へ移行する予定。アクセス・ランキングやユーザーによる評価などを随時追加していくとしている。

 セカンドライフは世界中に約400万人のユーザーがいる3Dのバーチャル空間。日本語版が近々公開されることから,日本企業による情報提供サイトや,コンテンツ,3D制作代行サービスなどが徐々に展開され始めている。