PR

 米EMC傘下のVMwareは米国時間3月5日,企業における仮想マシンの作成と配布を容易にする「VMware ACE 2 Enterprise edition」のベータ版を公開した。「企業のデスクトップ管理とセキュリティ強化を支援する」(同社)としている。

 VMware ACE 2は,OSやデータ,アプリケーションなどを統一したデスクトップ環境と,ITポリシーに沿ったコンテンツ保護をパッケージ化し,仮想マシンを配備できるようにする。IT部門が管理するのに必要な条件を維持しながら,機能豊富な仮想デスクトップ環境をエンド・ユーザーへ手軽に提供することが可能。

 VMware ACE 2 Enterprise editionの公開ベータ版には,フル機能のデスクトップ仮想マシンをUSBメモリーや外付けハードディスク,「iPod」などに格納するためのツール「Pocket ACE」が含まれる。エンド・ユーザーはネットワーク接続されたパソコンに携帯型外部記憶装置をつなげれば,いつでも同じデスクトップ環境にアクセスすることができる。

 また,「VMware ACE Management Server」により,管理者は多数のデスクトップに対し,一元的に追跡および管理,標準ポリシーの適用が行える。

 VMware ACE 2 Enterprise editionの公開ベータ版は,同社のWebサイトよりダウンロード可能。Windows版とLinux版がある。製品版は2007年第2四半期に発売する予定。

発表資料へ