PR

 米Red Hatと米Exadelは,Eclipseベースのサービス指向アーキテクチャ(SOA)やWeb 2.0アプリケーション開発ツール提供に関する戦略的提携を結んだ。Red Hatが米国時間3月5日に明らかにした。これによりExadelは,同社の商用開発ツールをRed Hatのオープンソース・プロジェクトであるJBoss.orgに提供し,オープンソース・ツールとして公開する。

 具体的には,ExadelがWeb開発環境「Exadel Studio Pro」やアプリケーション開発ツール「RichFaces」「Ajax4jsf」など同社の全製品を,開発用ミドルウエア「JBoss Enterprise Middleware」向けとしてJBoss.orgに提供する。一方Red Hatは,ExadelによるJBoss.org関連の開発作業や,Webアプリケーション開発フレームワーク「JBoss Seam」などの各種プラットフォームへの統合作業などを支援する。

 JBoss.org版のRichFacesとAjax4jsfにはオープンソース・ライセンスLesser General Public License(LGPL)を適用し,それぞれ「JBoss RichFaces」「JBoss Ajax4jsf」という名称で公開を開始した。

 JBoss.org版Exadel Studio Proは「Red Hat Developer Studio」として,GNU General Public License(GPL)に基づいて提供する予定。現在Red Hatがオープンソース化作業を進めており,2007年上半期中に公開する予定。

発表資料へ