PR

 NTTドコモは3月9日,第3世代携帯電話(3G)サービス「FOMA」の音声通話とパケット通信がつながりにくい状況になっていると発表した。影響を受けているのは,関東甲信越(東京,神奈川,千葉,埼玉,茨城,群馬,栃木,新潟,長野,山梨の10都県)の一部FOMAユーザーとみられる。原因は一部交換機の故障。

 9日12時30分現在,まだつながりにくい状況が続いており復旧作業を進めているが,故障した交換機の台数や原因の詳細などは調査中。ドコモには12時30分までに,ユーザーからの問い合わせが408件寄せられているという。

 なお同社は,「電源をオフ/オンにするとつながりにくい状況が回復する場合がある」としている。