PR
Thunderbird 2正式版は3月末に登場。FirefoxやWebで人気の機能を取り込んだ
Thunderbird 2正式版は3月末に登場。FirefoxやWebで人気の機能を取り込んだ
[画像のクリックで拡大表示]

 Mozilla Japanは2007年3月9日,オープンソースのメール・クライアント次期版「Thunderbird 2」を3月末に公開すると発表した。Thunderbird 2は現在,ベータ版が公開中。来週末には出荷候補版(RC1)が公開され,その後に正式版が登場する。

 Thunderbird 2では「Webブラウザ『Firefox』やWebで人気のある機能を取り込んだ」(Mozilla Japan技術部の吉野公平氏)という。

 中でも最大の新機能は,Thunderbirdから米Googleが提供するWebメール・サービス「Gmail」と米Appleが提供する同「.Mac」を利用できる点。使用方法も簡単で,Webメールのユーザー名とパスワードを設定するだけだ。Gmailと.Macのサーバーやポート番号などの情報はThunderbirdにあらかじめ組み込まれているので,ユーザーは意識しなくてもよい。

 また,ソーシャル・ブックマーク・サービスなどで人気の「タグ付け」機能を新搭載する。ユーザーがメールに対して自由な言葉でタグ付けすることで,メールの管理効率や検索速度が向上するという。

 Gmailの「ラベル」機能に似た「検索フォルダ」も搭載した。これは検索条件を保存し,フォルダのように使える機能。例えば,「3日以内に受信したメール」という条件で検索フォルダを設定すれば,フォルダ内には常にその条件を満たすメールだけが表示される。

 一方,当初搭載を予定していたが,Thunderbird 2では見送られたものとしては「タブ機能」があるという。これはタブの操作に慣れているユーザーがまだ少ないと考えたため。もっとも「今後は導入を前向きに検討したい」(吉野氏)としている。

 なお,現在公開中のThunderbird 2ベータ版はここからダウンロードできる。対応OSはWindows,Mac OS X,Linux。