PR
写真1 東京エレクトロン デバイスが発表した「STN-6000」
写真1 東京エレクトロン デバイスが発表した「STN-6000」
[画像のクリックで拡大表示]

 東京エレクトロン デバイスは3月12日、データを圧縮してストレージ装置に格納できるアプライアンス装置の新版「STN-6000」(写真)を発表した。同日、出荷開始する。

 STN-6000は米ストアウィズが開発した。ストレージ装置にデータを格納するとき、パケット単位でデータを圧縮する。新版では、圧縮率を10%向上させた。さらに、内部でのデータ転送のインタフェースにPCI-Expressを採用したことで、2~3倍程度、高速化する。また、ネットワーク管理用プロトコル「SNMP」に対応し、運用管理を容易にできる。

 価格は最小構成で550万円から。