PR

 ディーツー コミュニケーションズ(D2C,本社:東京都港区,社長:藤田明久氏)は2007年3月13日,携帯電話向け検索サイトの利用動向調査の結果を発表した。それによると,NTTドコモの携帯電話機でインターネットを利用する人のうち,検索サイトを使ったことのある人は85.1%に上った。また検索サイトを利用する場面については,「着うたや着信メロディを探したいとき」が最も多く44.6%だった。「天気を知りたいとき」の44.0%,「ひまつぶしをしたいとき」の40.9%が続いた。

 このほか,「○○で検索」というように商品のキーワードを紹介したテレビCMなどを見て,実際に携帯電話機やパソコンで検索したことのある人についても調べた。それによると,テレビCMを見て検索した人が45.6%と最も多かった。続いて雑誌広告が39.0%,新聞広告が29.7%,電車内の中づり広告などの交通広告が20.7%という結果になった。