PR
写真 NTTデータのFAX誤送信防止アダプタ「宛て先正くん」
写真 NTTデータのFAX誤送信防止アダプタ「宛て先正くん」
[画像のクリックで拡大表示]

 NTTデータはFAX誤送信を防止するアダプタ「宛て先正くん」を4月上旬に発売する(写真)。FAX機と外線またはPBXとの間にアダプタを設置して回線の種類を設定するだけで手軽に利用できるのが特徴だ。

 宛て先正くんは,FAXを送信する側と受信する側の双方が正確な番号であることを確認して誤送信を防止する。FAXを送信する側は,まずFAX機の電話を使って送信相手の電話番号とFAX番号の両方を宛て先正くんに登録。次に送信相手に電話をかけ,電話に出た相手に相手側のFAX番号を電話機で入力してもらう。このFAX番号が宛て先正くんに登録したFAX番号と同一であれば正しい番号として認証され,初めてFAXを送信できるようになる。

 このようにして認証されたFAX番号は,送信可能な番号として宛て先正くんに登録される。このため,2回目以降はいったん電話をかけて相手にFAX番号を入力してもらう手間は必要ない。

 送信相手の番号が認証されない限りFAXを送信できないようにすることで,FAXを初めて送信する相手に対しても誤送信するリスクを回避できる。ただし,認証の際にはFAX機の受話器を使用しなければならない。複合機など受話器がない機器を使用する場合には,受話器や電話機を取り付ける必要がある。

 価格は1台7万5000円。購入後1年以内に故障した場合,NTTデータは無償で修理・交換に応じる。