PR

 米Viacomは米国時間3月13日,世界規模の著作権侵害行為を行ったとして,米Googleと同社傘下のYouTubeをニューヨーク州南地区連邦地方裁判所に提訴したことを明らかにした。Viacomは損害賠償10億ドルのほか,今後の著作権侵害行為を阻止するための停止命令を求めている。

 Viacomは,同社が保有する番組のビデオ・クリップ約16万本が,事前の承認なしに動画共有サイト「YouTube」に投稿され,15億回以上,違法にアクセスされたと主張している。「YouTubeは,自社サイトにおける著作権侵害行為を防ぐために,十分な対策を講じていない」(Viacom)。

 また,Viacomは同日発表した声明の中で,次のように述べている。「YouTubeとGoogleは,第三者の創作物によって大きな収益を得ている,利益目的の大企業である。無許可のコンテンツでアクセス数を伸ばして,広告を売るビジネス・モデルは明らかに違法であり,著作権を侵害している。このような違法行為を防ぎ,これまで受けた損害を補償してもらうために,法的手段に訴えることにした」(同社)。

 米メディア(InfoWorld)によると,Googleは,「YouTubeは著作権所有者の法的権利を尊重しており,裁判所もそれを認めるはず」と述べているという。なお,Viacomは今年2月に,自社のコンテンツ約10万本を削除するよう,YouTubeに要請していた(関連記事)。

[発表資料へ]