PR
写真●Microsoft Business DivisionプレジデントのJeff Raikes氏(左)とTellme NetworksのCEOであるMike McCue氏(右)
写真●Microsoft Business DivisionプレジデントのJeff Raikes氏(左)とTellme NetworksのCEOであるMike McCue氏(右)
[画像のクリックで拡大表示]

 米Microsoftは,音声関連技術の米Tellme Networksを買収する。Microsoftが米国時間3月14日に明らかにしたもの。買収手続き2007年第2四半期に完了する見込み。ただし,金額など詳しい取引条件については公表していない。

 Tellme Networksは,音声認識技術を手がけ,音声で操作可能な各種サービスを提供している。1999年設立の未公開企業。現在の従業員数は320人以上。

 例えば「1-800-555-TELL」という電話番号では,音声で操作可能な電話番号問い合わせ/ドライブ経路検索/株価確認/天気予報/ニュースなどのサービスを運営している。企業向けには,音声対応の顧客サポート・サービス用システムを提供する。

 Microsoftは,Tellme Networksを買収し,同社の音声技術を入手することで,既存の統合コミュニケーション製品に欠けている音声対応サービス・ソリューションを付加したり,携帯電話機向け検索機能に音声インタフェースを搭載できる。また,Microsoft製プラットフォーム上で音声操作による各種サービスの構築も可能となる。

 買収手続きの完了後も,Tellme Networksはカリフォルニア州マウンテンビューにある本社で,Microsoftビジネス部門の一部として業務を続ける。役員会のメンバーおよび従業員は,Microsoftに移籍する見込み。

 米メディア(CNET News.com)によると,買収金額は8億ドル程度とみられるという。

[発表資料へ]