PR

 米Microsoftは,「Xbox」ゲーム機向けオンライン・ゲーム・サービス「Xbox LIVE」をWindowsプラットフォームに拡大する。同社が米国時間3月14日に明らかにした。「Games for Windows ― LIVE」を通じて,WindowsユーザーとXbox LIVEのコミュニティとやり取りできるようにする。

 Games for Windows ― LIVEは,人気ゲーム「Halo 2」のWindows Vista対応版リリースに合わせ,2007年5月8日に立ち上げる。Windowsユーザー同士で対戦できるほか,Games for Windows ― LIVEおよびXbox LIVEのメンバーと音声チャットやテキストでやり取りすることが可能。

 6月には,WindowsユーザーとXbox 360ユーザーが単一サービスを使って対戦できる初めてのゲーム「Shadowrun」をリリースする。年内に発売する「UNO」もクロスプラットフォーム対応となる。

 Xbox LIVEメンバーは自動的に,Games for Windows ― LIVEの機能にアクセスできる。ゲーマータグや友達リストなども追加使用料無しで利用可能。一方,Games for Windows ― LIVEでは,ゲーム内音声チャットといったXbox LIVEの機能を使うことができる。

 Games for Windows ― LIVEは,Xbox LIVEと同様に「Gold」と「Silver」のメンバーシップを用意する。Silverは無料,Goldは年間利用料が49.95ドル。

[発表資料へ]