PR

 ルクセンブルグのスカイプ・テクノロジーズは3月15日,IP電話ソフトウエアの最新版「Skype 3.1」の提供を開始した。今回新たに搭載したのは,友人同士でお店などの情報を共有できる「SkypeFind」と,自分の知識やスキルを電話経由で販売する「Skype Prime(ベータ版)」の2機能。

 特に興味深いのが,Skype Prime。Skypeの全ユーザーに対し,自分が提供できるサービスを公開し,通話によってその知識やスキルを伝えることで,対価を得ることができる。例えば,英会話サービスや恋愛相談,パソコンの使い方相談などが考えられる。ただし,アダルトや医療,税金などの内容のサービスは提供できない。

 料金は時間や1回ごとなどユーザーが自由に決められる。サービス利用者がSkypeクレジット(Skypeのプリペイド口座)を使って利用料を支払う一方で,サービス提供者はオンライン送金サービス「PayPal」を通じて対価を受け取る。ただし,この取引の30%分はプラットフォーム提供料としてスカイプが徴収する。スカイプは,「(有料の電話サービスの)SkypeOut以外の収入源にしたい」(日本オフィスの岩田真一ジェネラル・マネジャー)と期待を寄せる。

 もう一つのSkypeFindは,自分の利用した店舗情報などを登録しておくことで,友人と情報を共有できる機能。レストランや花屋,美容室などの電話番号や評判,自己評価などを登録しておく。この情報を閲覧した人がSkypeを使ってその店に直接電話をかけることができるほか,情報の更新やコメント付けなどが可能。「(複数の人間で協調して情報をリッチにしていく)WiKiのようなサービスの実現を目指したい」(岩田ジェネラル・マネジャー)としている。