PR

 テクネット(東京都千代田区、須田騎一朗社長)とノークリサーチ(東京都足立区、伊嶋謙二代表)は3月15日から共同で、中小企業の情報システム担当者を対象にしたQ&Aサイト「シス蔵」を開設した。同サイトに登録した会員が掲示板上で質問をすると、ほかの会員が回答を自由に書き込む、という利用形態になる。登録料は無料である。

 ノークリサーチの伊嶋代表は同サイト開設の背景を「中小企業のIT担当者がこなしている業務は、パソコンの購入からネットワークの運用、セキュリティ対策まで多岐にわたる。彼らが日々直面する問題も様々で、製品ベンダーのQ&Aコーナーを見たり、販売店に聞いたりするだけでは解決できない」と説明する。そこでこのサイトには当初から、OS/アプリケーション、ハードウエア、ネットワーク、資格取得や採用など多数のテーマを用意して「中小企業のIT担当者にとって“駆け込み寺”になるようなサイトを作る」(伊嶋代表)という。

 同サイトの運営はテクネットが担当する。同社は中小企業の情報システムのサポートやアウトソーシングサービスを提供しており、サイト運営を通じて自社の潜在顧客の獲得や知名度向上を狙う。一方、中堅・中小企業の調査・コンサルティングを手がけるノークリサーチは調査レポートをコンテンツとして提供するとともに、会員を対象にしたWeb調査の場として活用する。このほかITベンダーやSIerからの広告収入も見込む。