ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は、米スタンフォード大学が推進している難病の原因究明を目的とするプロジェクト「Folding@home」に参加する。具体的には、SCEが販売する「プレイステーション 3(PS3)」向けに、シミュレーション用のアプリケーション・ソフトウエアを提供する。

 Folding@homeは、人間のタンパク質の折りたたみ現象を研究し、関連する疾病を理解することを目的としたプロジェクトである。同プロジェクトのWWWサイトには、日本語を含め12種類の言語による解説ページが用意してある。アップルやグーグル、インテルといった企業も、すでに同プロジェクトを支援している。

 タンパク質の折りたたみ現象の原因解明にはコンピュータによるシミュレーションが不可欠だが、処理量が膨大になる。このため、スタンフォード大学では世界中のコンピュータ・ユーザーに対して参加を呼びかけている。同大学が、ユーザーの端末に対して計算の一部をタスクとして送り、端末が並列処理した結果を送り返すことで解析時間の短縮化するという仕組みだ。同プロジェクトのWWWサイトを見ると、これまでに100万個以上のCPUが参加しているようだ。

 PS3がFolding@homeに参加するためのプログラムは、3月下旬に配布予定の最新システム・ソフトウエアに含まれる。メニュー画面上にFolding@homeアイコンが表示され、同アイコンをクリックして起動するだけで、PS3が自動的にスタンフォード大学とデータの送受信を行い、シミュレーションするという。