PR

 スウェーデンのEricssonは現地時間3月15日,IPメッセージング・ソフトウエア・ベンダーのスウェーデンMobeonから事業および資産を買収する計画を明らかにした。Ericssonは以前からMobeonの主要パートナで,すでに同社株式の21%を保持している。

 Mobeonはストックホルムに本社を置き,スウェーデンと英国に130人以上の社員を抱える。携帯電話および固定電話回線向けのIPメッセージング技術を手がけており,EricssonのIP対応ビデオ/ボイスメール製品「Messaging over IP(MoIP)」の主要コンポーネントとして採用されている。

 この買収により,Ericssonは新たなメッセージング・アーキテクチャの開発を促進する。SMS,ボイスメール,MMSといった既存のメッセージング形式と,新たなメッセージング・アプリケーションを容易に統合できる環境を目指すという。

 取引完了後,Mobeonの全社員はEricssonのマルチメディア部門に移管される。なお,買収金額などの詳細については明らかにしていない。

[発表資料へ]