PR

 NECは3月19日、統合運用管理ツールの新版「WebSAM Ver.7」シリーズを発表した。特徴は、シリーズの各製品に共通の運用管理基盤となるフレームワークの機能を強化し、シンプルな運用管理を実現した。

 具体的には、フレームワークをベースに、サーバーやアプリケーションの管理情報を分かりやすく一括表示できるようにし、管理製品の違いを意識せずに直感的に操作できるようにした。さらに、サーバー管理や統合運用管理(コンソール)製品などのエージェントを共通化し、管理対象のシステム・リソース(CPUやメモリーなど)の消費を最小限に抑えるようにした。

 そのほか、運用管理情報を一元化するデータデータベース「WebSAM CMDB」の機能を拡充。サーバーやストレージの物理的な機器の情報と、人事や経理などの業務システムをひも付けし、一体で運用できるようにしている。

 NECは、WebSAMの製品群のなかでも、Ver.7の共通基盤機能に対応した製品として、次の3製品の新版を出荷する。統合運用管理ソフト(コンソール)の「WebSAM MCOperations」、サーバー管理ソフトの「同SystemManager」、アプリケーション管理ソフトの「同ApplicationNavigator」である。

 MCOperationsの価格は503万760円から、SystemManagerが82万6455円から。いずれも4月18日に出荷を開始する。また、ApplicationNavigatorの価格は65万8980円から。5月に出荷を開始する。