PR

 液晶ディスプレイ製造のナナオは2007年3月26日、前日に発生した石川県能登半島沖を震源とする地震で若干の被害はあったものの、週明けの26日朝から平常通り操業・営業を始めていると発表した(PDF形式の発表資料)。

 石川県白山市に本社のあるナナオでは、羽咋市と七尾市にある関連会社エイゾーナナオエムエスのプリント基板製造工場で「外壁にひびが入った」(ナナオ広報)被害が出た。ただ、生産設備に問題はなく、平常通り操業している。従業員とその家族についても、「家の中にあった食器が割れるといった被害の報告はあるが、負傷者などの報告はなく全員無事」(ナナオ広報)としている。

 また、金沢市に本社ビルなど2事業所のある、パソコン周辺機器メーカーのアイ・オー・データ機器も、「社屋や従業員に被害はなく、平常通り営業している」(アイ・オー・データ機器広報)という。