PR

 3月25日に能登半島沖で発生した最大震度6強の地震により、石川県および富山県で大規模な停電が発生した。約16万戸への電気の供給が停止した。停電は、地震発生から約31時間後に完全に解消した。

 北陸電力によると、石川県内で停電した地域は、かほく市、宝達志水町、羽咋市、中能登町、七尾市、志賀町、穴水町、輪島市、能登町、珠洲市。富山県が高岡市と氷見市。

 このうち七尾市と志賀町は、地震が発生した直後(3月25日9時42分頃)に停電し、約7時間後の同日17時に復旧した。

 最も停電が長引いたのは輪島市内の7戸。26日16時50分、31時間ぶりに停電が解消した。