PR
写真●AppSpaceのデモ画面
写真●AppSpaceのデモ画面
[画像のクリックで拡大表示]

 セールスフォース・ドットコムは3月27日,東京都内で事業戦略説明会を開き,4月から北米限定で試験提供する新サービス「AppSpace」を発表した。

 AppSpaceは,顧客やパートナーと情報を共有するための専用サイトを簡単に構築可能にする企業向けサービス。北米で人気があるコンシューマ向けのSNSサービス「MySpace」をヒントにして,「企業向けにも自社専用のスペースのニーズがある」(セールスフォース・ドットコムの内田仁史製品統括本部長)と見て,サービスを開発した。

 企業はAppSpace上に自社専用スペースを開設することによって,顧客やパートナーと情報を共有できる。たとえば,画像を専用スペースに掲載し,顧客がそれを見てデザインなどを確認するという使い方をする(写真)。

 また,Salesforceのアプリケーションやディレクトリ・サービス「AppExchange」で公開されている550以上のオンデマンド・アプリケーションも共同で利用できる。これらを利用すれば,顧客からの問い合わせへの対応状況をその顧客が確認できるようにしたり,共同プロジェクトの進ちょく状況をパートナーと同時に管理したりすることも可能である。

 サービス料金は,1組織(200ユーザー分のライセンス)で月額995米ドルから。4月から北米限定でサービスを提供してユーザーからのフィードバックを経て,今夏に予定しているSalesforceの新バージョンに合わせて日本でも提供を開始する予定だ。