PR
EV SSL対応のサイトをIE7で閲覧すると、URLを入力したり表示したりするアドレスバーの部分が緑色になる
EV SSL対応のサイトをIE7で閲覧すると、URLを入力したり表示したりするアドレスバーの部分が緑色になる
[画像のクリックで拡大表示]

 日本ベリサインは2007年3月28日、EV SSL対応のサーバー証明書の発行を開始した。価格は17万100円から。

 EV SSLとは、ブラウザーメーカーや認証局で組織する業界団体「CAブラウザーフォーラム」が規定した手続きに準じて発行されたサーバー証明書を利用したSSLのこと。

 SSLは、サーバー証明書を使って通信を暗号化する。従来のサーバー証明書は、認証局によって発行手続きが異なっており、企業や団体の実在性を厳密に確認して発行されるものと、比較的簡単な手続きで発行されるものがあった。このため、比較的容易に取得できるサーバー証明書を悪用したフィッシングサイトが出現した。

 そこで、CAブラウザーフォーラムでは、企業の実在性を確認する手続きを定めた。これに準じたサーバー証明書がEV SSL対応のサーバー証明書で、従来のサーバー証明書よりも安心できる。EV SSL対応のサイトにアクセスすると、Internet Explorer 7のアドレスバーが緑色に変わるとともに、サイトを運営する企業と認証局の名称が表示される(図)。