PR

インターネットイニシアティブ(IIJ)は2007年3月28日,HDTV(高精細度テレビ)画質の映像コンテンツをネットワーク経由で効率的に配信するためのプラットフォームサービスを4月に開始すると発表した。

同プラットフォームは,「SkeedCast」と呼ぶP2P(Point to Point)技術を応用し,管理されたネットワークの中にコンテンツを分散して蓄積する。これにより,配信する期限を区切ったり,再生可能な端末を限定したりしたうえで,効率的に映像コンテンツのダウンロード配信が可能になるとしている。IIJはこのプラットフォームを,パソコンで再生する映像の配信サービスのほか,デジタルテレビ向けのダウンロード型映像配信サービスに活用することも検討しているという。