PR

 東洋ビジネスエンジニアリング(B-ENG)は3月28日、エイジアン・パートナーズからERPパッケージ(統合業務パッケージ)「A.S.I.A」事業の営業権の譲渡を受けたと発表した。B-ENGは今後、同社の生産管理パッケージ「MCFrame」を海外工場で利用している企業向けにA.S.I.Aを販売していく。営業権の獲得にかかる金額は1億円以下で、「財務諸表に影響を与えないとの判断で公表しない」(B-ENG広報)。営業譲渡日は5月1日である。

 B-ENGとエイジアン・パートナーズは昨年10月に業務提携を発表。MCFrameとA.S.I.Aを連携させた「MCFrame/A.S.I.Aグローバルパック」を販売していた。営業譲渡の話は「業務提携時から進めていた」(B-ENG)。

 エイジアン・パートナーズでA.S.I.A事業にかかわる約20人の社員は、B-ENGに転籍する。エイジアン・パートナーズはA.S.I.A事業しか手掛けていないため、営業譲渡後は「組織として存続するが、最終的には解散する予定」(エイジアン・パートナーズ)という。