PR

 米Microsoftは米国時間3月27日,オンラインの店舗検索技術を手がける米InfoNowと地図検索サービス「Microsoft Virtual Earth」に関して提携することを明らかにした。InfoNowは,同社の検索サービスにVirtual Earthを組み込む。

 InfoNowは店舗,支店,ATMの場所などの検索するWebサービス「LocationInsight」を提供している。このサービスは,インターネットや音声認識システムを使用する企業が,顧客を場所や時間などの条件で適したロケーションに案内することを支援する。月間2000万人以上のユーザーが利用しているという。

 LocationInsightにVirtual Earthを組み合わせることで,目的とする事業拠点の衛星写真や航空写真,道案内や駐車場などの関連情報もコンピュータやモバイル機器を通じて顧客に提供できるようになる,としている。

 InfoNowのCEO(最高経営責任者),Mark Geene氏は次のようにコメントしている。「賢明な企業は,複数の拠点を持つだけで十分だとは考えていない。顧客が条件に最も適したロケーションを選択できるように,所在地および電話番号,営業時間といったビジネス情報を容易に入手できるようにすることが重要である。Virtual Earthの画像と高度な地図サービスは,顧客が迅速かつ容易に探しているロケーションを見つけるために適したプラットフォームである」。

発表資料へ