PR

 インターネットイニシアティブ(IIJ)と松下電器産業子会社のISP(インターネット接続事業者)であるパナソニック ネットワークサービシズ(PNS)は3月29日,PNSがISP関連事業をIIJに譲渡することで合意した,と発表した。

 PNSがIIJに譲渡するのは,「hi-ho」(ハイホー)ブランドで展開するISP事業とISP事業を基盤とした企業向けのソリューション事業。2007年6月1日にPNSが100%子会社のハイホーを設立すると同時に,IIJにハイホーの全株式を譲渡する。譲渡額は12億円。

 松下電器産業はPNSがISP事業を譲渡する理由について「今後は携帯電話やデジタルテレビ向けのサービスに注力して,事業の選択と集中を図る」(eネット事業本部eネット戦略企画室コミュニケーショングループ)と説明する。一方のIIJは「これまでの法人向けサービスで蓄積したノウハウを生かしてより多くのユーザーにセキュリティの高いサービスを提供する」(広報室)といい,ISP事業の拡大を狙う。

 hi-hoの会員数は,個人と法人を合わせて約20万。IIJは,事業を引き継いだ後もhi-hoのブランドやドメインを継承するという。

発表資料へ