PR

 米Xeroxは米国時間4月2日に,事務機器販売の米Global Imaging Systemsを買収することで両社が最終合意に達したと発表した。買収総額は約15億ドルにのぼる見込み。

 Xeroxは,Global Imaging Systems株式1株につき現金29セントを支払う。手続きは2007年5月に完了する見通し。

 Global Imaging Systemsはフロリダ州タンパに本社を置き,米国内の各地域に広がる21社の傘下会社を通じて中堅・中小企業(SMB)向けに文書管理システムの販売およびサービスを提供している。プリンタ,コピー機,多機能機器販売や,ネットワーク統合サービスなどを手がけているが,これまでXeroxの製品は扱っていなかった。

 買収手続き完了後,Global Imaging SystemsはXeroxの文書管理製品を販売開始する。4500人の社員は引き続き21拠点で業務を行う。

 Xeroxはこの買収により,顧客ベースの拡大と営業力の強化を図る。Xerox会長兼CEOのAnne M. Mulcahy氏は,「Global Imaging Systemsの地域に応じたノウハウ,経験豊かな社員,顧客との強いつながりを得ることで,SMB向け供給を50%以上伸ばし,160億ドル規模の米国SMB文書市場でシェアを広げたい」としている。

[発表資料へ]