PR
写真1 Apple CEOのSteve Jobs氏(左)とEMI Group CEOのEric Nicoli氏(右)
写真1 Apple CEOのSteve Jobs氏(左)とEMI Group CEOのEric Nicoli氏(右)
[画像のクリックで拡大表示]
写真2 左からEMI Group CEOのEric Nicol氏,イベントに登場した音楽グループ「The Good, The Bad & The Queen」のメンバーDamon Albarn氏,Apple CEOのSteve Jobs氏
写真2 左からEMI Group CEOのEric Nicol氏,イベントに登場した音楽グループ「The Good, The Bad & The Queen」のメンバーDamon Albarn氏,Apple CEOのSteve Jobs氏
[画像のクリックで拡大表示]

 英EMI Groupは,同社傘下のレコード会社EMI Musicの楽曲をすべてデジタル著作権管理(DRM)の制限を外してダウンロード提供する。米Appleのデジタル・コンテンツ配信サービス「iTunes Store」が,DRM無しのEMI楽曲を扱う最初のオンライン・ストアとなる。EMIとAppleがそれぞれ現地時間4月2日に発表した。

 EMIは同日から,DRM無しのシングル楽曲およびアルバムを従来より高音質(最大でCD品質)で提供する。オンライン音楽販売業者は,AAC,WMA,MP3などのフォーマットで配信できる。「家庭内音楽システム,携帯電話,デジタル音楽プレーヤでHi-Fiデジタル音楽を利用したいという消費者の要望に応えるもので,あらゆるデバイスとプラットフォームに対応する」(EMI)

 iTunes Storeでは,5月より世界市場に向けてDRM無しのEMI音楽を販売する。ビットレート256kbpsのAACフォーマットで,1曲当たり1.29ドル(1.29ユーロ/0.99ポンド)。DRM付き楽曲をすでに購入済みのユーザーは,1曲当たり0.30ドル(0.30ユーロ/0.20ポンド)でDRM無しにアップグレードできる。

 AppleのCEOであるSteve Jobs氏によると,「年内には,iTunes Storeの過半数の楽曲がDRM無しになる見込み」という。

 またEMIの音楽ビデオは,すべて価格据え置きでDRM無しで販売される。

 なお,DRM付き楽曲も引き続き提供する。価格と音質は従来通り。1曲当たり0.99ドル(0.99ユーロ/0.79ポンド)で,ビットレート128kbpsのAACフォーマット。

 ちなみにEMI Musicでは,今後もDRMの採用を続ける。「会員制サービスをはじめ,ファン同士が音楽を共有するスーパー・ディストリビューション,広告付きなどで提供される時間制限ダウンロードといった革新的モデルを可能にするため」(EMI)としている。

[発表資料(EMIのプレス・リリース)]
[発表資料(Appleのプレス・リリース)]