PR
「WILLCOM Sync Mobile」の概要図
「WILLCOM Sync Mobile」の概要図
[画像のクリックで拡大表示]
スケジュールやメールがリアルタイムで同期する
スケジュールやメールがリアルタイムで同期する
[画像のクリックで拡大表示]

 ウィルコムは2007年4月3日、W-ZERO3や同社のブラウザー搭載PHS音声端末と、主要なグループウエアを同期させるサービス「WILLCOM Sync Mobile」を発表した。2007年4月16日からサービスを開始する。

 連携可能なグループウエアは、マイクロソフトのExchange Serverと日本IBMのLotus Notes/Domino。契約ユーザーは、これらのグループエアで利用しているメール、予定表、連絡先、メモなどを、リアルタイムで同期させることができる。専用サーバーやサーバーやクライアントへの特別な設定は必要ない。申し込み後に、会社で利用しているパソコンと携帯端末に専用アプリケーションをインストールするだけでよい。法人向けだが、契約は1件のIDから可能なので、個人が契約して利用することもできる。料金は1IDにつき月額1800円。

 専用アプリケーションをインストールした契約ユーザーのパソコンは、グループウエアの情報を暗号化し、インターネットでウィルコムの専用サーバーに送る。そのサーバーを経由して、契約ユーザーの携帯端末とやり取りする方式になる。パソコンをケーブルなどで接続する必要はなく、モバイル環境下で常時利用できるのが大きな特徴だ。

 W-ZERO3などのスマートフォンでは、インターネットでのメールを、通常の携帯電話メールと同じように着信する機能もある。端末を紛失した場合にリモートで端末を初期化することも可能だ(初代W-ZERO3を除くスマートフォンのみ)。一方、W-ZERO3やW-ZERO3[es]以外の音声端末の場合、メールやスケジュールの編集などはブラウザーを利用して行う。