PR

 米Sun Microsystemsは米国時間4月3日,10GビットEthernet向けチップ技術のライセンス供与に関して米Marvell Technology Groupと提携を結んだことを明らかにした。同社が新たに立ち上げたSun Microelectronics部門の契約第1号となる。

 Sun Microelectronicsは,ネットワーキング,暗号化,高性能コンピューティング分野における同社シリコン設計技術の普及および開発促進を目的に新設された。同社内の既存システム事業に技術を供給するほか,世界のOEM顧客にサービスを提供する。

 提携のもと,MarvellはSunの技術「Multithreaded 10 Gig E Networking Technology」を用いて高性能ネットワーキング製品を開発および販売する。Multithreaded 10 Gig E Networking Technologyは,マルチスレッド型プロセサとネットワーク間のスループットを最適化してマルチスレッド・アプリケーションの性能を大幅に高めるよう設計されているという。

 またMarvellとSunは,将来の高度なマルチスレッドEthernetの技術革新についても協力体制を敷き,「40Gビット,いずれは100Gビットの実現を目指す」(Sun)。

[発表資料へ]