PR
Saba社の人材管理パッケージ・ソフト「Saba Enterprise Suite」のシステム構成
Saba社の人材管理パッケージ・ソフト「Saba Enterprise Suite」のシステム構成
[画像のクリックで拡大表示]

 日立製作所と米Saba Software社は4月4日,人材管理ソリューションで提携すると発表した。これによって日立は,Saba社の人材管理パッケージ・ソフト「Saba Enterprise Suite」を活用し,企業向けに人材戦略の立案支援から管理システムの構築,運用アウトソーシングまで一貫したサービスを4月5日から提供する。

 「Saba Enterprise Suite」は,社員(個人)と組織のスキル把握,目標とのギャップに基づいた教育など,個人の教育を人材戦略に沿って計画的に行うための人材管理システム。社員プロフィールやコンピテンシー管理などの機能を備える基盤ソフトの「Sabaファンデーション」と,その上で稼動する3つのツールで構成する。すなわち,総合研修や資格認定,eラーニングなどを統合した「Sabaラーニング」,組織目標と個人目標のリンク及び行動計画や進捗管理などを統合した「Sabaパフォーマンス」,幹部やリーダー育成のための「Sabaタレント」がある。
 
 日立は従来,人材マネジメントのソリューションとして,e-ラーニングシステム「Learning Gate」や,ITスキル標準(ITSS)フレームワークに対応した「ITSSスキル管理システム」などを販売してきた。今回,Saba社との提携により,人材育成プロセスの改革を目指したコンサルティングから,人材管理システムの構築,運用アウトソーシングまでを提供することでサービスの拡充を図る。一方,Saba社は,「Saba Enterprise Suite」の日本市場での拡販を狙う。