PR

 松下電器産業は2007年4月4日,ケーブルテレビ(CATV)サービス用のデジタルSTB(セットトップボックス)の新製品2機種「TZ-DCH2800/2810」を,6月に発売すると発表した。2006年6月に発売した「TZ-DCH2000」の機能強化版にあたる。250GバイトのHDD(ハードディスク駆動装置)を備え,単体でハイビジョン(HDTV)画質の録画が可能である。またチューナーを2系統搭載し,番組録画中に別の放送を視聴・録画できる。

 さらにTZ-DCH2800は「DOCSIS2.0」互換のケーブルモデムを,同2810はLAN端子を備え,STB単体でCATV事業者が提供する高速インターネット接続サービスに加入することもできるようにした。価格はオープンで,CATV事業者を通じてレンタルする場合は月額2000円前後の料金となる見通しである。