PR
デル コーポレートディレクター アドバンスト・システムズ・グループ 本部長 町田栄作氏(左),日本オラクル 取締役 常務執行役員 保科実氏(右)
デル コーポレートディレクター アドバンスト・システムズ・グループ 本部長 町田栄作氏(左),日本オラクル 取締役 常務執行役員 保科実氏(右)
[画像のクリックで拡大表示]

 デルと日本オラクルは4月4日,提携強化を発表した(写真)。これによりデルは,オラクル製品を搭載したサーバー・システムを提供したり,サポート窓口でオラクル製品の一次サポートを提供したりする。そのほか,スケールアウト環境の共同検証,OracleのLinuxディストリビューション「Oracle Enterprise Linux」のデルによる販売---などを行う。

 今回の提携強化の対象になったオラクル製品は,「Oracle Database 10g」「Oracle Real Application Clusters 10g」「Oracle Application Server 10g」「Oracle Enterprise Manager」など。「Oracle E-Business Suite」などERP製品は含まれていない。

 スケールアウト環境の共同検証は,日本オラクルの「Oracle GRID Center」というグリッド技術の検証プログラムにおいて,デルのサーバーやストレージを複数台組み合わせたシステムを共同で検証することである。グリッド技術の検証プログラムであることから,そこではデル製品のラインナップの中でも高性能・高信頼のサーバー・システムが対象となる。

 日本オラクルにとって今回の提携は,「SMB(中堅・中小企業)マーケットの開拓を期待する」(取締役 常務執行役員 保科実氏)ことに尽きる。日本オラクルはこれまで主にSMB向けに「Oracle Direct」という直販の窓口を設けていたが,そのマーケットに強いデルとの提携で弾みをつけたい考えである。

 一方のデルは,「エンタープライズ市場に向けての強化」(コーポレートディレクター アドバンスト・システムズ・グループ 本部長 町田栄作氏)と狙いを語る。日本オラクルは明確にSMBマーケットをターゲットにしているが,デルの狙いは微妙に違う。デルの町田氏は,「(デルのサーバーに搭載される)デュアルコアCPUのパフォーマンス向上」や「Oracle製品の大手企業に対する実績が重要」と強調する。また,スケールアウトの共同検証では,高性能・高信頼のシステムが対象となる。SMBマーケットを無視した提携ではないが,デルにとっては「大企業に切り込みたい」というメッセージが読み取れる。