PR

 米連邦通信委員会(FCC)は4月3日,航空機内での携帯電話の利用について,解禁に向けた手続きを見送ると発表した。

 FCCは2004年12月,規則制定提案告示(NPRM:Notice of Proposed Rulemaking)を公布して意見を募り,機内で携帯電話の利用を禁止する既存の規則の見直しを検討してきた。機内での携帯電話機や携帯型電子機器の使用について,米連邦航空局(FAA)は航空機のナビゲーション・システムや通信機器との干渉回避を理由としているのに対し,FCCは地上の携帯電話電波との干渉回避を目的としている。

 FCCに寄せられた意見では,機内での携帯電話の使用が有害な干渉を起こす可能性に付いて十分な技術的な情報が得られなかったという。航空会社,メーカー,携帯電話事業者は,現在も携帯電話機とそのほかの電子機器の機内利用について調査を進めているため,FCCは現時点でさらに意見を求めることは時期尚早と判断。「適切な技術データが整えば,検討を再開する可能性がある」としている。

 米メディアのCNET(CNET News.com)によると,FCCにはおよそ8000件の意見が寄せられ,「狭い機内で,別の乗客が携帯電話の会話に没頭していたら不快」と反対する意見が多かったという。

発表資料(PDF形式)