PR
電子透かし入りの学生証。本人の顔写真の画像に,本人を特定するID情報を埋め込んでいる
電子透かし入りの学生証。本人の顔写真の画像に,本人を特定するID情報を埋め込んでいる
[画像のクリックで拡大表示]
電子透かし入りの学生証を使った大学講義の出席管理システム
電子透かし入りの学生証を使った大学講義の出席管理システム
[画像のクリックで拡大表示]

 立命館大学とNTTは4月5日,電子透かし入りの学生証を使い,大学講義の出席管理を行う共同実験を4月11日から実施すると発表した。約半年間実験を行い,出席管理システムによる業務の効率性や,電子透かし技術の実用性などを検証する。

 実験は,立命館大学大学院理工学研究科の講義で実施する。受講する大学生や社会人受講者などに,電子透かし情報を埋め込んだ学生証(講義出席管理カード)を配布。これを講義開講時と閉講時に,教室入り口に設置した電子透かしリーダにかざすことで,講義の出席管理を自動的に行う。

 電子透かし技術は,NTTのサイバースペース研究所が開発した。写真画像などの中に人の目には見えにくい形で情報を埋め込み,リーダによって読み取る。ディスプレイ上の画像にも,紙面に印刷した画像にも使える。独自のアルゴリズムを使っているため,他のユーザーが簡単に電子透かし情報を埋め込んだり,情報を読み取ることはできない。

 今回の実験では,配布する学生証に添付されている本人の顔写真の画像に,本人を特定するID情報を埋め込む。学生証を電子透かしリーダにかざすことで,埋め込まれたIDを検出し,講義の出席情報を記録する。この電子透かし入り学生証は,通常のプリンタで印刷可能なため,制作コストを抑えられるという。

 約半年の実験によって,大学教職員の業務効率性,電子透かし技術の実用性などを検証した後,出席管理システムの本格導入に向けての検討や,電子透かし入り学生証を使った他のサービスの展開を図っていく。