PR
ILF Web Viewerの画面
ILF Web Viewerの画面
[画像のクリックで拡大表示]

 野村総合研究所(NRI)は4月5日,業務システムの帳票やオフィス文書,紙の資料などを電子化して一元管理し,統合的な活用を支援する文書管理ソリューション「ILF(アイエルエフ)2007」を発売した。NRIグループの内部統制に対応したIT基盤ソリューション「GranArch」のコンテンツ管理の中核製品として位置づけている。

 「ILF2007」は,同社の電子帳票システム「ILF Powered /Ex」と文書管理システム「PowerBinder」の機能を統合した製品。ILF Powered /Exは,ホストコンピュータや業務サーバで生成される帳票データを,Windows PCに表示可能なILFフォーマットに変換して管理する。一方,PowerBinderは,多様な形式の文書を一元管理するほか,セキュリティ対策機能を備える。

 また「ILF2007」は,ドキュメント・ファイルやフォルダのアクセス制御が可能。例えば,単純な参照,更新,削除,登録のほか,ドキュメントの印刷やダウンロード,情報の抽出などの権限管理を企業の組織体系に合わせて設定したり,ファイルや利用者のアクセス履歴を管理したりできる。

 専用のビューアが不要でWebブラウザで閲覧できる「ILF Web Viewer」や,ファイル共有方式に対応する「ILF PC Client Viewer」,各種コンバーター,ユーティリティを用意し,業態,導入規模,他のシステムとの連携形態などに応じてシステムを構築できる。価格は,最小構成(ユーザー数は無制限)で500万円から。