PR

NTT(持ち株会社)は2007年4月6日,HDTV(ハイビジョン)放送に適用可能な「H.264」対応リアルタイムコーデックLSI「SARA」チップを開発したと発表した。放送のプロレベルで要求される色空間を持つ「ハイ4:2:2プロファイル」映像を処理できるのが特徴である。NTTは今回開発した技術を,2007年4月16日から米国で開催される放送関連の展示会「NAB2007」で展示する予定である。

 高品質映像圧縮技術の国際標準であるH.264は,MPEG-2よりも高い圧縮効率を実現できるとされているが,DSPなどを使った既存のH.264圧縮処理では,HDTV映像の品質を損なわずに高い圧縮効率を実現することが難しかった。今回開発した技術ではH.264の規定のうち,通常の2倍の色空間を持つハイ4:2:2プロファイルに対応することで,高い圧縮効率を実現しながらHDTV映像の画質再現性を向上させたという。

 SARAチップは葉書サイズと小型であり,HDTVエンコーダーとHDTVデコーダーを同じボディーに組み込んだ「トランスコード装置」に搭載することなどが想定されている。地上デジタル放送のIP同時再送信などで必要となるMPEG-2からH.264へのリアルタイムトランスコードなどにも適用可能だという。2007年度第3四半期に,NTTエレクトロニクスが販売を開始する予定である。