PR
企業向けデスクトップパソコン「GSX-Slim」シリーズ
企業向けデスクトップパソコン「GSX-Slim」シリーズ
[画像のクリックで拡大表示]

 マウスコンピューターは2007年4月6日に、企業向けの省スペース型デスクトップパソコン「GSX-Slim」シリーズを発売した。OSは、Windows VistaまたはWindows XP Home Editionを選択可能。OSをインストールしないモデルも用意する。

 「GSX-Slim302」はコストパフォーマンスを重視したモデル。CPUにCeleron D(2.66GHz)、光学ドライブに16倍速DVD-ROM、ビデオチップにVIA P4M900を搭載する。また、Windows Vistaを選択した場合は、同Home Basicがインストールされる。価格は5万7540円から。

 「GSX-Slim502」はスタンダードな構成のモデル。CPUにPentium 4(3GHz)、光学ドライブに48倍速CD-RW/DVDコンボドライブ、ビデオチップにインテルGMA950を搭載する。また、Windows Vistaを選択した場合は、同Home Premiumがインストールされる。価格は7万5390円から。

 「GSX-Slim702」はハイパフォーマンスのモデル。CPUにCore 2 Duo(1.8GHz)、光学ドライブに2層式DVD-R/DVD+Rの書込み対応した16倍速DVDスーパーマルチドライブ、ビデオチップにインテルGMA950を搭載する。また、Windows Vistaを選択した場合は、同Businessがインストールされる。価格は9万9540円から。

 すべてのモデルには3年間の無償保証が付く。同日より販売を開始する。CPUやインストールするOSなどを選択できる、BTOにも対応する(発表資料)。