PR

 フランスのAgence France-Presse(AFP)と米Googleは,Google検索サービスにおけるAFPニュースの利用に関してライセンス契約を結んだ。これによりAFPがGoogleを相手取って起こしていた訴訟をとりさげる。AFPが米国時間4月8日に明らかにしたもの。

 AFPは2005年3月に,GoogleがAFPニュースのヘッドライン,ニュース・サマリー,写真を許可なく掲載し,著作権を侵害しているとしてフランスと米国で提訴した。

 AFP会長兼CEOであるPierre Louette氏の説明では,今回の和解合意により,「Google News」や「Google Actualites」などのGoogleサービスで,再びAFPニュースのヘッドラインおよび写真を閲覧できるようになるという。

 契約の詳細内容については明らかにしていないが,AFPは「革新的な方法でAFPニュースワイヤのコンテンツが使用可能になり,インターネット上での同コンテンツの利用体験を劇的に向上させる」と述べている。

 ちなみに,Googleは2006年8月にAssociated Press(AP)とも同様の和解に至っている。両社は,GoogleがAPニュースおよび写真の使用に代価を支払うことで合意した。なお,和解金額などの詳細については公表しなかった(米メディア)。

[発表資料へ]