PR
「ワークスタイル改革ソリューション」のメニュー
「ワークスタイル改革ソリューション」のメニュー
[画像のクリックで拡大表示]
ソリューション事例の1つ「イノベーション創出モデル」
ソリューション事例の1つ「イノベーション創出モデル」
[画像のクリックで拡大表示]

 日立製作所は4月9日,営業部門や企画部門,研究開発部門といった職種に合わせ,ホワイトカラーの知的生産性を向上させる「ワークスタイル改革ソリューション」を4月11日から提供すると発表した。2010年度までに累計で120億円の売り上げを目指す。

 ワークスタイル改革ソリューションでは,まず,専門のコンサルタントが顧客の現在の業務形態を診断し,それをもとに新しい業務形態のコンセプトや最適な業務環境(ワークスタイル)を提案する。さらに提案したワークスタイルを実現するため,オフィスの設計からITインフラなどの業務環境を構築し,さらにアウトソーシングを含めた運用サービスまでを提供する。

 例えば,営業部門向けの「業務効率向上モデル」では,フリーアドレス,ペーパーレス,様々なミーティング・スペースの設置などによって,スペースの効率化と情報共有の促進,意思決定の迅速化を提案する。また,研究開発部門向けの「イノベーション創出モデル」では,知的活動を考慮したデスクレイアウトや,時間や場所の制約を受けずに議論できるオフィスツール,指静脈認証装置による高度なセキュリティ・チェック機能などを提案する。

 日立では,本社(7事業部)と日立総合計画研究所,日立コンサルティングのグループ6000人の社員を対象にワークスタイル改革をすでに実施。例えば,営業部門に適用した例では,フロアスペースを33%削減,顧客との折衝時間が30%増加,紙文書を33%削減できたという。こうした社内のワークスタイル改革を実践することで蓄えたノウハウを生かし,社外向けにソリューションを提供していく。