PR
写真1 Debain GNU/Linux 4.0のデスクトップ画面。X Window Systemには「X.org」を採用した。画面は,「GNOME 2.14」のデスクトップ。
写真1 Debain GNU/Linux 4.0のデスクトップ画面。X Window Systemには「X.org」を採用した。画面は,「GNOME 2.14」のデスクトップ。
[画像のクリックで拡大表示]
写真2 GUIインストーラの画面。「Press F1 for help, or ENTER to boot:」というプロンプトに続けて「installgui」と入力すると,GUIインストーラが起動する。
写真2 GUIインストーラの画面。「Press F1 for help, or ENTER to boot:」というプロンプトに続けて「installgui」と入力すると,GUIインストーラが起動する。
[画像のクリックで拡大表示]

 Debianプロジェクトは2007年4月8日,同プロジェクトが開発しているLinuxディストリビューションの新版「Debain GNU/Linux 4.0」(開発コード名:etch)を公開した(写真1)。

 新版では,(1)UTF-8による文字コードの統一,(2)X Window SystemにX.orgを採用,(3)パッケージ管理システムのセキュリティ強化や効率化,(4)暗号化したパーティションの標準サポート――などが行われた。また,実験的ではあるものの,GUIによるインストーラをDebianでは初めて搭載した(写真2)。

 新版のカーネルはバージョン2.6.18で,そのほかの主要ソフトのバージョンは次の通り。GCC4.1.1,KDE 3.5.5a,GNOME 2.14,X.Org 7.1,OpenOffice.org 2.0.4a,GIMP 2.2.13,Iceweasel 2.0.0.3(Mozilla Firefoxのロゴを差し替えたもの),Icedove 1.5.0.10(Mozilla Thunderbirdのロゴを差し替えたもの)。このほか,PostgreSQL 8.1.8,MySQL 5.0.32,Apache HTTP Server 2.2.3,Samba 3.0.24など,1万8000個以上のオープンソース・ソフトウエアが利用できる。

 新版の入手方法は「http://www.debian.org/CD/」に記されている通り。CDやDVDのイメージ・ファイルなどが用意されている。