PR

 米BEA Systemsは米国時間4月9日,米AmberPointと同社製品の再販で提携すると発表した。提携の一部として,BEAはAmberPointのSOA管理システム「SOA Management System」をAquaLogic製品ファミリ製品として再販する。

 BEAは,AmberPointのSOA管理システムをAquaLogicブランドの製品「AquaLogic SOA Management(ALSM)」として提供する。ALSMにより,ユーザーはSOAライフサイクルのどの段階でもガバナンス問題への対応が可能になるという。また,SOAにおけるシステムの振る舞いの理解できるようになり,パフォーマンス管理を自動化したり例外条件を修正するポリシーを実装できるようになるとしている。そのほかにも,サービスの問題を検出して予防する機能を提供する。

 ALSMは,BEAのSOA管理用プラットフォーム「SOA Governance」に統合され,一元的なポリシー管理機能などを提供する。同プラットフォームにより,ユーザーはSOAコンポーネントのサービス品質やポリシー準拠などの追跡ができるようになるという。

 AquaLogic SOA Managementは,2007年第2四半期に発売される。

発表資料へ