PR

 インターネット接続機能付きテレビ受像機向けポータルサイトを運営する「テレビポータルサービス」(TVPS,本社:東京都港区,社長:大野誠一氏)は2007年4月10日,同社が運営するポータルサイト「アクトビラ」が,4月20日から順次発売される松下電器産業のプラズマテレビの新製品「ビエラ」シリーズの全10機種で利用可能になると発表した。これによりアクトビラを利用できるテレビ受像機は,松下電器やソニー,日本ビクター,シャープなどを合わせて66機種(現行生産モデル)となった。

 今回対応する製品は,松下電器が4月10日に発表したフルハイビジョン(HDTV)対応の「ビエラ PZ700シリーズ」4機種と「同 PX70シリーズ」6機種である。これらの機種ではリモコンについている「アクトビラ」ボタンを押すことで,静止画やテキストで構成した無料コンテンツなどを利用できるようになる。

 TVPSは2006年7月に,松下電器とシャープ,ソニー,東芝,日立製作所の5社が製造するテレビ受像機向けのポータルサイトを運営する事業会社として,インターネット・サービス・プロバイダー(ISP)のソネットエンタテインメントを加えた6社の共同出資で発足した。2007年2月に,アクトビラの運営を開始している。