PR

 米Appleは米国時間4月9日に,同社のベース・ステーション「AirPort Extreme」向けのファームウエア・アップデートを公開した。802.11nに準拠したAirPort Extremeの初期設定および「AirPort Disk」機能における脆弱性を修復する。

 同AirPort Extremeの初期設定を変更し,ローカル・ネットワークに入ってくるIPv6トラフィックを制限する。

 これまでの初期設定では,外部からのIPv6接続要求を許可してしまうため,AirPort Extremeを通じて接続されたホスト上のネットワーク・サービスが遠隔攻撃にさらされる危険性があった。

 また,同AirPort Extremeに接続されたUSBドライブを共有可能にするAirPort Disk機能の認証を強化する。これにより,USBドライブがパスワード保護されている場合でも,ローカル・ネットワーク上のユーザーはパスワードを入力することなくファイル名を閲覧できるという問題を解決する。

 ファームウエア・アップデート「AirPort Extreme Base Station with 802.11n Firmware 7.1」は同社Webサイトからダウンロードできる。同アップデートをインストールするには,「AirPort Utility 5.1」が必要。

[Appleのセキュリティ情報]