PR

 シトリックス・システムズ・ジャパンは4月11日,「Citrix Presentation Server 4.5」を発表し,受注を開始した。「サーバー側でアプリケーションを実行し,その画面だけをクライアント端末に送る」タイプのシン・クライアント・システムを構築できるサーバー・ソフト製品の新バージョンだ。「アプリケーションをオフラインで使用可能」「使えるアプリケーションを拡大」「セキュアなアクセス手段を用意」「管理機能を拡張」などの改良を加えている。

 アプリケーションをオフラインで使用可能とするため、実行形式として「アプリケーションストリーミング」と呼ぶ技術を実装した。これはアプリケーションを配信してクライアント側で実行可能にするもので,このとき,クライアント側でキャッシュさせることができる。そのためオフライン環境でも使えるという利点がある。アプリケーションごとのキャッシュ許可・不許可などは管理者が設定できる。

 従来シン・クライアントは複雑なグラフィック表示に弱いとされてきたが,こうした見方に対して,アプリケーションの画像表示のパフォーマンスを向上させる「SpeedScreen」という機能を搭載した。同日の発表会では,ナローバンド環境で地図サイトを表示,スクロールする操作をバージョン4.0と比較して見せるデモを披露。4.0はスクロールとはいえない状況だったが,新版では少しぎこちないがスクロールになっていたという印象だった。シトリックス社内でテストしたところ,パフォーマンスは最大20倍に高まったという。

 このほか,最上位版の「Platinum Edition」では,シングル・サインオンやSSL-VPNなどの機能を統合。アプリケーションのパフォーマンスを監視・記録する機能も盛り込んだ。Presentation Server 4.5の価格は,同時接続ユーザー数5の最小構成の場合で,Platinum Editionは51万7500円(税別)から。機能を限定したEnterprise Edition(同34万8500円から)とAdvanced Edition(30万2500円から)もある。

[発表資料へ]