PR

 富士通は4月11日、ファイアウォールや帯域制御、負荷分散などの機能を統合したネットワーク・アプライアンス「IPCOM EX」を発表した。一部機能の利用を制限した下位モデルを複数用意し、機能が必要になった時点でライセンスを追加購入できる仕組みを導入した。すべての機能を最初から必要としないユーザー企業への販売を強化するのが目的だ。

 IPCOM EXは、ネットワーク・セキュリティ機能、複数のネットワーク回線を束ねて管理する機能、トラフィックを複数のサーバーに負荷分散する機能の3つの機能を提供する。すべての機能を搭載する最上位モデル「INシリーズ」のほかに、ネットワーク・セキュリティ機能が中心の「SCシリーズ」と、回線を束ねて管理する機能が中心の「NWシリーズ」、主に負荷分散機能を担う「LBシリーズ」がある。

 SC/NW/LBシリーズには、INシリーズが持つ全機能モジュールがあらかじめ搭載されているが、当初機能以外はプロテクトされている。それら機能が必要になった時点で、それぞれのライセンスを購入すれば、プロテクトが解除でき、複数機能をもつアプライアンスとして利用可能になる。例えば、セキュリティ機能を持つ「SCシリーズ」を購入した後に負荷分散機能が必要になれば、ハードの追加・交換なしに、プロテクトを外すだけで負荷分散機能が動作する。

 IPCOM EXの価格は、 SCシリーズが60万9000円から、INシリーズは441万円から。今後2年間に、IPCOM EX全体で1万5000台の販売を目標にする。