PR

 米Hewlett-Packard(HP)が米国時間4月10日,中堅・中小企業(SMB)向けの新型ストレージ製品「HP StorageWorks 1200 All-in-One Storage System(AiO1200)」を発表した。既に出荷を開始している。

 AiO1200は,高さ2U(約88mm)のラックマウント型ストレージ製品。Serial ATA(SATA)またはSerial Attached SCSI(SAS)タイプのハード・ディスク装置(HDD)を最大12台搭載でき,記憶容量は最大9Tバイトとなる。両タイプのHDDを混載することも可能。米Microsoftのストレージ装置向けOS「Windows Storage Server 2003 R2」を採用した。

 同製品について,HPは「競合製品と異なり,ストレージの専門知識を持たない一般的なIT管理者向けに設計したシステム」と説明する。たとえば,同製品に付属しているMicrosoft Exchange 2007対応の設定/移行ウィザードを利用すると,「(サーバーに)直接接続したストレージからネットワーク・ストレージへのデータ移動作業が,10回未満のクリック操作で済む」(同社)という。

 米メディア(internetnews.com)によると,AiO1200の価格は,SATAモデルが3Tバイト構成で8759ドル,9Tバイト構成で1万5899ドル,SASモデルが1.7Tバイト構成で1万3899ドル,3.6Tバイト構成で1万9529ドルという。

[発表資料へ]