PR
「インターネットチャンネル」正式版では、トップページに双眼鏡マークの検索機能が付け加わった (c)2007 Nintendo
「インターネットチャンネル」正式版では、トップページに双眼鏡マークの検索機能が付け加わった (c)2007 Nintendo
[画像のクリックで拡大表示]
入力にはパソコンのキーボードと携帯電話風の入力画面を用意 (c)2007 Nintendo
入力にはパソコンのキーボードと携帯電話風の入力画面を用意 (c)2007 Nintendo
[画像のクリックで拡大表示]

 任天堂は2007年4月12日、家庭用ゲーム機「Wii」にダウンロードして使う「インターネットチャンネル」の正式版の提供をスタートした。

 インターネットチャンネルは、Wiiにブラウザー機能を提供するもの。ノルウェー オペラソフトウエアの「Opera」をWii向けにカスタマイズしたブラウザーを使っている。URL入力や、お気に入りの登録がすべてリモコンでできる。

 インターネットチャンネルは2006年12月にベータ版として提供を開始した。正式版の提供に当たって、トップページに「検索」機能を追加。トップページの検索ボタンを押すと「Google」もしくは「Yahoo!検索」が利用できるようになる。

 子供などがインターネットを使えないようにする「ペアレンタルコントロール」機能も搭載。ペアレンタルコントロール機能を設定しておけば、インターネットチャンネルを起動した際にパスワードを求められる。

 「お気に入り」にはGoogle、Yahoo!検索、Operaと任天堂のホームページ、デジタルアーツの「i-フィルター for Wii」があらかじめ登録されている。デジタルアーツの「i-フィルター for Wii」はWebフィルタリングソフト。子供などが使った場合に、適切でないサイトを表示しないようにできる。2008年4月末日までに申し込んだユーザーは、同日までi-フィルター for Wiiを無料で利用できるキャンペーンを実施する。その後は月額315円で利用が可能だ。

 このほか、インターネットチャンネルの起動時間を5秒以上短縮したり、お気に入りに登録できる件数を21件から48件に増やした。インターネットチャンネルは、「ショッピングチャンネル」で2007年6月末までは無料でダウンロード可能。2007年7月以降は有料(500Wiiポイント)になるが、無料期間中にダウンロードしたユーザーはその後も無料で利用できる。