PR

 米IBMは米国時間4月11日,金融サービス業界向けに3つの研究開発センター「Banking Centers of Excellence(BOCE)」を開設した。BOCEは,金融サービス業界のコンピュータ・システムの近代化や,顧客との関係を向上させる新しいビジネス・モデルの開発などの支援を目的としている。

 米国で開設する2つのBCOEは,カリフォルニア州シリコンバレーとニューヨーク州ポキプシーの既存の研究所内に併設される。3つ目のBCOEは,韓国ソウルに新設されたソフトウエア研究所「Software Solutions Laboratory」の一部として設置される。顧客や独立系ソフトウエア・ベンダー(ISV)は,これらのセンターに直接,またはIBMや欧州やアジアに設置するHiPODS研究所やその他の研究所を通じてアクセスできるという。

 IBMによれば,BCOEを開設した理由は,銀行や金融サービス機関が直面する世界的な競争,流動的な規制環境,運用コストの上昇や,顧客の不満や無関心さといった新しい課題に対応するためだという。

 IBMは,米国の銀行利用者を対象に調査を実施している。それによると,銀行に対して「顧客のニーズに耳を傾ける」「目標を達成するためにアドバイスを与える」「問題に対処して,修復する」「金融製品をパーソナライズする」などの要望があったという。同社は,新しい戦略を立てる上で,顧客の全般的な体験を理解することが必要不可欠だとしており,これらを踏まえてBCOEは,次世代のバックオフィス・システムの設計と実装,レガシー・ソフトウエアの移行などを支援するとしている。

発表資料へ