PR
三菱電機エンジニアリングが実験に使用したエアロバイク
三菱電機エンジニアリングが実験に使用したエアロバイク
[画像のクリックで拡大表示]

 三菱電機エンジニアリングなど5社は2007年4月12日、家庭用の健康機器同士をつなぐ新プロトコルを用いた相互接続実験に成功したと発表した。新プロトコルは、独立行政法人の新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が開発したもので、健康機器に蓄積したユーザーの健康情報を、別の健康機器に転送する際の手順を定めている。

 実験に成功したことを受け、各メーカーは今後、新プロトコルを搭載したネットワーク対応型の健康機器を開発し、製品化したい考え。これにより、例えばA社の体重計で測定した体重を、B社のエアロバイクに家庭内LAN経由で転送可能になる。エアロバイクは、その日の体重に最適な運動負荷を自動的に設定できる。

 実験では、三菱電機エンジニアリングがエアロバイク、シチズン・システムズが血圧計、シャープが歩数計、タニタが体重計、日立製作所が寝返りの回数などを計れる健康マットの試作機をそれぞれ用意。それぞれの機器に蓄えられた情報を、Bluetoothや特定省電力無線経由で逐次Webサーバー上に転送した。新プロトコルは、LANの種類や上位プロトコル(例えばTCP/IP)などは問わずに利用できる仕組み。

 新プロトコルは、2007年夏にもJIS(日本工業規格)として制定される見込み。IEEE(米国電気電子技術者協会)にも提案しており、健康機器向けの通信仕様を策定するグループで現在、標準規格案の一つとして審議中である。プロトコルを開発したNEDOの研究には、オムロンヘルスケア、東芝コンシューママーケティング、東陶機器、富士通ソフトウェテクノロジーズ、松下電器産業なども参加している。