PR

 ソネットエンタテイメントは4月18日,企業向けSNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)構築サービス「So-net SNS for Biz」を5月16日から提供すると発表した。利用者数の規模や機能によって4種類のコースを用意。顧客とのコミュニケーションやマーケティング,社内コミュニケーションなどに活用できる。

 コースは「So-net SNS for Biz Entry」「同Pro」「同Enterprise」「同Platform」。すべてのコースで,登録しているユーザーのアドレス管理や自社広告の出稿,携帯電話対応,オリジナルのログインID発行を可能にしている。

 Entryは初期費用5万2500円,月額費用4万7250円で利用者数500人までが対象。個人経営の会社や20~200人規模の企業を対象としており,カスタマイズはできない。サーバーは共有型で,独自ドメインの利用やSSLにも対応しない代わりに価格を抑えたコースだ。

 Proは初期費用21万円,月額費用は12万6000円。2000人まで利用できる。カスタマイズができずサーバーが共有型である点はEntryと同じだが,月額5250円で独自ドメインの利用が可能。SSLも初期費用3万1500円,月額費用1万5750円で利用できる。

 Enterpriseはサーバー占有型で,利用者数の制限もないコース。サーバー構成や運用レベル,システム要件など細かい部分までカスタマイズでき,自社のWebサービスと連動させてSNSを運営できる。販売価格は個別見積もりとなるが,想定販売価格は500万円からとしている。

 PlatformはSNSのプラットフォームごと提供するコース。自社の顧客企業や個人に対して,SNSを提供可能になる。販売価格は個別見積もりだが,想定販売価格は800万円から。

 5月15日までの期間に先行予約した企業に対して,ソネットエンタテイメントはEntryとProの初期費用を無料にするキャンペーンを提供する。同時にSNSの導入を検討している企業に対し,セミナーも実施していく予定。第1回は5月中旬を予定しており,「SNSを活用した社内コミュニケーションの作り方」をテーマにする予定。セミナー参加費用は無料。

 So-net SNS for Bizは,2006年6月に開始した個人ユーザー向けSNS構築サービス「So-net SNS」を法人向けにカスタマイズしたもの。ソネットエンタテイメントでは,今後も個人ユーザー向けに展開しているサービスをカスタマイズして,法人市場にソリューションとして展開していく予定。オンライン画像共有サービス「So-net Photo」やオンライン・スケジュール・サービス「同Calendar」などの展開を現在検討しているという。